キャッシュの保存場所を変更する

概要

容量の問題からキャッシュの保存場所を他のドライブに移す方法として、Windowsの機能であるシンボリックリンクを使用することで、キャッシュの実体の保存場所を変更する。

シンボリックリンクとは

ショートカットの一種で、あたかもそこに実体があるように振る舞うが、実際はリンク元にファイルがあるというソフトリンクの一種である。ショートカットとは動作が違う。ショートカットはリンク先に飛ぶのに対し、シンボリックリンクはリンク先にリンク元が存在するかのように振る舞う。(参考: https://qiita.com/go_astrayer/items/ab993cdc420d4f7f50d4 )

設定方法

1.キャッシュの保存場所を作成する

キャッシュを保存したい場所(別のドライブ等)に、キャッシュ保存用のフォルダを作成する。フォルダ名は「vrchat」にする。
(例: D:\vrchat 以降はこれで説明)

2. 現在のキャッシュ等を移動する

デフォルトでは、キャッシュ等は C:\Users\(ユーザ名)\AppData\LocalLow\VRChat\vrchat に保存されている。このフォルダを移動先(例ではD:\vrchat)にコピーし、上書きする。量が多そうなら諦めて削除してもいい。(未検証だけど公式がいいって言ってるから多分大丈夫(参考: https://docs.vrchat.com/docs/frequently-asked-questions ))
コピーが正常に終了してそうなら、元ファイルを削除する。

3. シンボリックリンク作成用のツールを導入

(shellを叩いてリンクを張れる方は以下のツールの導入をせずに作成したほうが楽です。この文の意味がわからない方はそのまま続けてください。)
Windowsではシンボリックリンクを作成するGUIツールは標準提供されていない。右クリックによるドラッグアンドドロップメニューにシンボリックリンク作成を補助するツールを使用する。
窓の杜からダウンロードボタンを押すとlnhdr-1.55-x64.msiというファイルがDownload開始します。これをインストールしてください。途中、管理者権限を要求されます。

4. ツールを用いてシンボリックリンクを作成する

キャッシュの設置予定場所(例ではD:\vrchat)を右クリックでドラッグし、本来の場所(C:\Users\(ユーザ名)\AppData\LocalLow\VRChat\vrchat)にドロップする。表示されるメニューの中から、シンボリックリンクを作成を選択する。管理者権限を要求されます。

5. 動作確認

キャッシュの設置予定場所(D:\vrchat)の中に、test.txtというテキストファイルを作成します。(D:\vrchat\test.txt)
その後、(C:\Users\(ユーザ名)\AppData\LocalLow\VRChat\vrchat)を開き、中にtest.txt(C:\Users\(ユーザ名)\AppData\LocalLow\VRChat\vrchat\test.txt)があれば、正常に動作しています。test.txtは削除して構いません。

注意事項

  • シンボリックリンクはやたら複雑な概念です。削除するときに間違えると元ファイルが消えたりいろいろあります。今回はキャッシュなので消えても構いませんが、他のことに使用する際は注意してください。
  • シンボリックリンクを使用すると不安定になるケースが存在するようです。気に留めておいてください。
  • 現在、キャッシュの上限が10GBに制限されているそうです。これが確保できる場合は移動する必要がありません。(https://twitter.com/naqtn/status/980727536572223488 )

カテゴリ・タグ: カテゴリ-その他

  • 最終更新:2018-04-03 08:03:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード