VRC_SyncVideoStream

ドキュメンテーション

一番簡単な実装方法についてはここに書いてある

概要

  • VRC_VideoScreenVRC_VideoSpeakerと併用して動画を閲覧する機能を提供する。
  • YouTubeだけでなく、YouTube Live、twitch、ニコニコ動画、Showroomも見られる。

仕様・挙動

  • Windows10のパソコンでのみ再生可能。その他のパソコンではコーデックを入れると不安定ながら再生されるらしい(公式ドキュメンテーション参照)
    • VRC_SyncVideoPlayerの「大音量で雑音が流れる」不具合と同じ条件で大音量が流れて保護機構が動き、音がでなくなる(未検証)
      この保護機構はVRChat 2018.2.2にある既知のバグの一項目目のものだと思われる。
      これは特にTwitchで顕著で、画質の自動選択で720p未満が選択された場合でも問題が発生する(未検証)
    • 配信側でチャンネルをモノラルにすると聞こえるようになる
      https://twitter.com/uretaro/status/1032916840270331904
  • 配信中の YouTubeLive の URL を AddURL した場合に、放送の頭から再生される場合がある。
  • VRC_SyncVideoStream は内部で暗黙的に ownership の仕組みを駆動するので、同じく ownership を扱う VRC_ObjectSync の子コンポーネントにすると RPC が上手く実行できなくなる。(これは VRC_SyncVideoStream 特有の制限ではなく ownership を扱うオブジェクト一般の特性)
  • ログなどの観察によると内部では AVProVideo を使用している模様。(AVProVideo ドキュメント

注意

RPC 一覧が、Events from Scene からの追加選択肢と、既に追加した状態からの Method 変更選択肢で違いがある。
次の物は別の名前で一旦追加してから編集するか、直接 SendRPC として追加する必要がある。
  • Resync
  • AddURL
  • Clear
また次の物は表記が異なる。
  • Set AutoSync Period / SetSyncMinutes
  • Rewind / RewindSeconds
  • Fast Forward / FastForwardSeconds

Video/RealtimeEmissiveGamma シェーダ


応用例


作例


資料


カテゴリ・タグ: カテゴリ-Components

  • 最終更新:2018-09-28 12:54:03

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード